スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年

私は、2010年10月5日、10時25分(SA1763)、ハボロネの空港に着きました。 
そう、今日で、ボツワナに来てからちょうど1年。いや~早い。もう1年たったんか~。信じられん。
仕事も言葉もほとんど進んでいない。うわ~。こわ~。まぁでもさ、日本でだって、新しく何かしようと思ってもいろいろ大変なんだし、まぁ仕方ないよ、うんうん、それにちょっと今じんましんで苦しんでいるけど、それ以外はまぁ健康に元気に楽しく暮らしているし、それでいいんだよ!それが一番だよ!!と、自分で自分を慰めてみる。

1年間、何度も泣いた、怒った、でもそれ以上に笑ったり、驚いたりもした。いっぱいの人に親切にしてもらった。私は?私は、ぜんぜんだな~。もらうばっかりだ。
旅行にも行った。ゾウ、きりん、しまうま、サイ、かば、ライオン、フラミンゴ等々、動物園でしか見たことのない動物を、大自然の中で見ることができた。ビクトリアの滝、地球のすごさを思い知った。

何もかも日本と違う。とまどうことがまだまだある。でも来て良かった。自分が成長したとは、今はまだ言えない。いまも、日本だったらとか、もうボツ人は、とか、すぐ思ってしまう。なかなか自分の価値観、物差しを捨てられない。でも、それでも、日本しか知らなかった、1年前の自分より、少しはいろんな角度から物を見られるようになったのではないかと、ちょっと思ったりしている。

後1年、楽しく、がんばりたい。
スポンサーサイト

Mottainai

ワンガリ・マータイ(Wangari Maathai)さんが、9月25日にお亡くなりになった。「Mottainai(もったいない)」を世界に紹介した人。

ちょうどつい最近、ボツワナ人に「もったいない」という言葉を話したばかり。彼らにどの程度、この「もったいない」の意味がわかったか疑問だけど、人のいない部屋の電気を消したり、裏紙を使うことは、この「もったいない」精神があると。だから日本人は、自然にコスト削減の行動を、みんなしてるんだと。まぁ、本当はちょっと違うんだけどね。

マータイさんは、「もったいない」を世界に広めたいと思っていたようですが、ボツワナのデイリーニュースには残念ながら、「Mottainai」のことは全く書かれていませんでした。残念だ。もし書かれていたら、KAIZENのいい導入になったのに・・・・。BBCニュースにも、やっぱり「Mottainai」のことは触れられていなかった。うーん、こりゃあ、残念ならが、全く知られていないってことだな。
IMGP5745.jpg

信じられない

 ずっと屋根裏に何かが住みついていて、たぶんネズミかこうもり、がたんごとんうるさいし、気味が悪いので、退治してくれるよう以前からオーナーにお願いしていました。
連休最終日の10月2日の夕方になってやっと、彼は男性2人を連れて、やってきてくれました。
 待つことしばし・・・・・・
 すっごい音が向こうから!!な、なんだー?と思っていたら、オーナーが半笑いで手招きします。「Problem」って。いやーーな予感・・・・・。恐る恐る近づいて行くと、そこには、信じられない光景が!!

IMGP5710.jpg

きゃーーきゃーーーきゃーーーーーー!!屋根がぁ!!屋根がぁーーー!!
男性が足を踏み外して落ちたらしいけど、こんなんあり?なにこれ?このでかい穴はなに?これは夢、夢なの?夢じゃないわーー!!いやーー!

 帰り際にオーナーが「ノープロブレムだ。ボツワナ女性は強い」。いや、私日本人だから・・・・。

 で、翌3日の夕方。まぁ雑な修理でしたが、なんとか直してもらいました。
IMGP5751.jpg

 それにしても、予想通り、床にばっさばっさ板を捨てていったり、ベットの上に道具を置いたり。カバーをかけるとかいう繊細な心遣いは一切なし。あまつさえ、ベットに寝ころびやがる・・・・。信じられない。さすがに「寝るな!降りろ!」と怒りました。そしたら、「あんたはこのベットで寝てないからいいだろう」「腰が痛い」とか言い出すしまつ。確かにこのベットはエキストラベットだけど、あんたのベットではない!腰が痛いなら、椅子か床に座れ!!と言ったら、笑って従ってくれましたが、まったく、ふざけた連中だよ!
IMGP5727.jpg
IMGP5728.jpg
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。